ランドクルーザープラドの限界値引きを一度の商談で!

ランドクルーザープラド一発値引き交渉!

ランドクルーザープラド一発値引き交渉術とは、プラドの限界値引き額を1回の交渉で引き出して、新車のプラドを安く買う方法です。

このページで情報収集してからディーラーへ行けば、プラドを安く買う事は決して難しくありません。

プラドの新車を安く買いたい方、短期間で商談を終わらせたい方にはおススメの商談方法です。


ランドクルーザープラドの目標値引き金額

車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定するといいでしょう。

ランドクルーザープラド車両本体からの目標値引き額(2017年7月現在)

33万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+5万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5万円以上
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+5万円前後
※参考 プラド実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、ランドクルーザープラドの値引き合格ラインです。

また、購入する時期によっては、さらに値引きの上乗せが可能です。上記のタイミングでランドクルーザープラドを購入するなら値引きの上乗せ分も考慮に入れて、目標予算を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、愛車の相場を調べて予算組みをします。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの下取り車を最も高く売る方法とは?も参考に。

 

ランドクルーザープラドの諸費用

ランドクルーザープラド2.7TX 5人乗りの諸費用です。

車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、プラドの定価の総支払額を算出しましょう。

諸費用合計金額 294,897円

・自動車税(8月登録) 29,700円

・自動車取得税 83,700円(ディーゼルは0円)

・自動車重量税 61,500円(ディーゼルは0円)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 14,140円

・登録諸費用 65,817円

 

一発値引き交渉でプラドを限界値引きで安く買おう!

上記のランドクルーザープラドの車両本体からの値引き額とディーラーオプションからの値引き額、そして時期によって上乗せ出来る値引き金額、以上の3つを合計すれば最新のプラドの限界値引き額が分かります。

そして、希望グレードの車両本体価格と希望オプションの価格、諸費用を合計すれば、定価の総支払額が表示されます。

その定価の総支払額からプラドの限界値引き額を差し引けば、今回の目標購入金額が算出されるでしょう。この金額でプラドが買えるように、一発値引き交渉を実践していきます。


ライバル車と競合させる

プラド一発値引き交渉を成功させるコツは、ライバル車を購入予定にしておく事です。

「ライバル車を買う予定の所でトヨタのディーラーに立ち寄り、金額次第ではプラドを買っても良い」と言う設定で商談しましょう。

ランドクルーザープラドのライバル車は、「マツダCX-5」「三菱パジェロ」「三菱アウトランダーPHEV」「トヨタ ハリアー」「ベンツGLA」「アウディQ3」「BMW X1」「ジープ グランドチェロキー」「フォルクスワーゲン ティグアン」などが挙げられるでしょう。

 

国産車ではCX-5とパジェロのディーゼルが競合しやすいですね。国産車以外の輸入車でも競合させる事が出来ます。

輸入車の中古車とプラドの新車を競合させても面白いでしょうね。

プラドと車格や排気量が同等の輸入車は新車価格がプラドより高くなってしまうので、プラドの新車価格と同等の輸入中古車なら競合する事が出来るでしょう。


トヨタディーラーでする事

目標金額とライバル車を設定したら、いよいよトヨタディーラーで商談を開始します。

ランドクルーザープラドを販売しているディーラーはトヨタ店です。トヨタ店に行ったら、プラドの希望グレードとオプションを選択して見積もりを作ってもらいましょう。

プラドの実車があれば、興味深くチェックしても良いです。

そして商談になったら、一例として以下のようにセールスさんに伝えてみます。

「CX-5の商談をしていて、今日にも契約するつもりです。その前にプラドも気になる車種だったので、見に来てみました。どちらも気に入ったので車種には特に拘りはありません。こちらの予算内に収めてくれたら、この場でプラドを契約します。」とやります。

 

こうする事で、今すぐ契約が一本取れる条件を出さないと買ってくれないので上司に値引き決済を求めやすい、と言う値引きを引き出すための、ユーザーにとって有利な環境を作る事が出来ます。

このページで求めたプラドの限界値引き額なら、値引きの枠から大きく外れていないので、成功する確率は高いでしょう。


もし失敗したら・・・?

もしプラド一発値引き交渉に失敗したら、条件を落とした金額を伝えて商談を継続するか、隣県の会社が異なるトヨタ店に行って、もう一度プラド一発値引き交渉をやる方法があります。

おススメは、条件を落として商談を継続して、話がまとまったら契約します。その契約中にもうひと押ししてみます。

契約書を書いている時に、「あ!コーティングを付けるのを忘れた!」「バックカメラを付けるのを忘れた!」「スタッドレスタイヤを付けるのを忘れた!」などと数万円~10万円ほどのオプションを入れる事を忘れたと演技をします。

「付け忘れたけどもう予算がないな~」「これ付けないと買えないな~」などと言えば、契約を破棄される位なら、サービスで付けてくれる可能性が高いです。

そんな演技は出来ないな、と言う事であればする必要はありませんが、かなり成功率が高い方法なのでやってみても損はないでしょう。

実際セールスさんにとっては、かなりきつい方法なので(苦笑)気が引けるなら金額が低いものでいいと思います。

ナンバーフレームなど数千円のものなら100%ではありませんが、ほぼ成功すると思って良いでしょう。数万円でもたぶんほぼ成功すると思います(笑)

 

ディーラーに契約条件を伝えて待ってみる

プラドの購入を急いでいない方、期間的に余裕のある方なら、こちらの購入条件を伝えて、その条件で出来る時に連絡をしてもらうやり方があります。

ディーラーに行ったらプラドの希望グレードとオプションで見積もりを出してもらいます。

そして「希望金額は○○万円です。この金額になればいつでも契約するので、この条件で出来る時に連絡をもらえますか?」とやってみましょう。

今月は厳しいあと1台契約が欲しい、と言う状況にセールスさんやディーラーがなれば、連絡が来るかもしれません。

必ず成功する方法ではないので、待てる人限定ですが意外に成功しやすい方法です。

何より商談に時間が掛かりませんし、駆け引きや話術も必要ありません。成功すれば非常に楽にプラドを限界値引きで購入できます。

値引き次第でランドクルーザープラドを買うつもりなら、試してみても良い方法です。

 

プラドの値引き交渉が苦手なら・・・

「新車の値引き交渉はやりたくない」「’交渉事はどうも苦手・・・」と思っている方もいるでしょう。

しかし、下取り車があればプラドの値引き交渉が苦手でも、プラドを安く買うことが出来ます。

この方法は非常に簡単です。やるのとやらないのとでは、プラドの支払総額に大きな差が出るので、ある意味プラドの値引き交渉よりも重要といえます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ディーラーは下取り金額を低く見積もっている

下取り車があれば、ディーラーに査定してもらうユーザーが大半でしょう。

しかしディーラーの査定金額は、必ずと言っていいほど低く見積もられています。

ディーラーへ何の抵抗もなくそのまま下取りに出すユーザーがとても多いので、ディーラーは新車販売の他に、下取り車でも利益を上げようとして来ます。

出来るだけ安く下取り車が入れば、自社で小売するにしろ、業者オークションへ流すにしろ、利幅は大きくなります。

最近は買取店へ売るユーザーも増えていますが、実際はまだまだディーラーへそのまま下取りに出すユーザーが圧倒的に多いのが現状です。そこをディーラーは上手く突くわけですね。

 

ディーラーはいくら低く見積もっているのか?

以前、兄貴がレガシィアウトバックを買い替えた時の事です。

まず最初のディーラーで査定してもらった所、135万円でした。たまたま兄貴が車を買い替える事を知ったので、手伝う事にしました。兄貴は車に関して結構無頓着なので。。

その後、別のディーラーで査定してもらうと151万円までアップ。

ひょっとして買取店ならもっと付くんじゃないの?って事で、買取店の査定サイトに申し込みました。

するとびっくりするほどの価格が・・

 

カービュー査定

2件目のディーラーよりも20万円も高い買取相場となっていました。1件目と比べると36万円も高いです。

兄貴は1件目のディーラーで決めても良いと思っていたので、さすがに驚いていました(笑)

 

やることはディーラーに買取店の金額を伝えるだけ

買取店の査定サイトに表示された買取相場を早速ディーラーに伝えました。

1件目のディーラーは当初の135万円から165万円へ。

2件目のディーラーは当初の151万円から170万円へアップしました。

査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、ディーラーの170万円に「出来ても1万か2万のプラス」と言っていたので、今回は2件目のディーラーへ下取りに出すことにしました。

その時の契約書です。

 

リサイクルの戻りを入れれば、171.3万円なのでほぼ買取店と同じ金額になりました。

今回兄貴がやったことは、買取店の査定サイトの買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで、20万円も安く次の新車を買えたことになります。

この方法ならランドクルーザープラドの値引き交渉が苦手でも簡単に出来る方法なので、ぜひオススメしたいですね。

この時利用したのは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み、その後画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

ディーラーへ伝えて下取り金額のアップを目指す他に、買取店の方が高ければ買取店へ売却することも可能です。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

PAGE TOP